ペットショップと食事(ドッグフード・キャットフード) 

ペットショップ博覧会

新着情報

2013/10/15
ドッグフードを更新しました
2013/10/15
キャットフードを更新しました
2014/04/03
ペットシーツを更新しました
2014/07/28
動物病院とはを更新しました

ペット

kyouiku

ペットとは、人と一緒に生活する動物のことです。愛玩動物とも呼ばれます。共存することで、人の心を和ませてくれたり、情緒豊かな生活が送れるようになります。
動物が生産する卵や乳、肉、毛皮や労働力などを目的として飼育する場合は、家畜と呼ばれます。ペットと家畜は、飼育する目的によって呼び分けられますが、本質的な違いはありません。例えば、馬を競走馬として育てる場合、家畜と呼ぶことができます。しかし、牧場で愛玩用に飼う場合には、ペットと呼ぶこともできます。

ペットを飼育する人のことを、飼い主と呼び、飼い主はペットの生命や行動に責任を負います。日本の法律では、ペットは飼い主の所有物と見なされます。そのため、ペットが第三者に危害を加えたり、公共の場を著しく乱したりした場合には、飼い主にその責任が及びます。飼い主には、ペットが問題を起こさないよう、正しくしつけを行う義務があります。

ペットショップ

ペットショップは、愛玩目的で飼育する動物を販売している業務店です。ペットを入手する方法では、もっともメジャーです。
その理由としては、ペットショップが全国的に点在していることが挙げられます。ペットショップは、専用の店舗だけではなく、ホームセンターの中などに併設されている場合も多いのです。そのため、地域を問わず、どこででも利用することができます。

また、ペットショップで販売されているペットには、すべて血統書がついています。血統書とは、ペットがどのような交配過程で生まれたのかを証明するものです。血統書がついているペットは、遺伝的に受け継がれている性質や疾患の有無を確認でき、飼いやすいため人気があります。また、血統書付きのペットは純血種に限られるため、その種に特有の性質が強く見受けられます。そのため、特定の種類のペットを希望する人は、血統書を見て購入を判断する場合が多いのです。

また、ペットの取り扱いだけではなく、周辺の商品も揃っています。例えば、ドッグフードやキャットフードなどの食事、小屋、ケージなど、飼育に必要なものが販売されています。
ペットそのものから、飼育に必要な一式まですべて買い揃えることができるため、衝動買いしやすい環境と言えます。

教育

Australian Shepherd playing

ペットショップで取り扱われている動物は、予め、ある程度の教育が施されています。
例えば、犬や猫などのトイレのしつけは、できるだけ小さいうちから覚えさせておく必要があります。ペットショップでは、ペットの成長と健康上の問題から、生後45日未満のペットは販売しないことを自主規定にしています。そのため、飼い主の元にもらわれていく時点で、既に生後二ヶ月近く経過していることになります。基本的なしつけは、生後3週間から始めることが最適とされています。
そのため、その時期に差し掛かったペットには、ペットショップのスタッフがしつけを施している場合が多いのです。

しつけをするのは基本的なことだけであり、また飼育環境によっても必要なしつけは異なります。そのため、購入したばかりのペットは、完璧なしつけを身につけているわけではありません。
その後、自宅環境に合わせて最適なしつけを行うのは、飼い主の責任によるものです。